前へ
次へ

ぜんざいとしるこが地域によって異なる

あんこといえば和菓子にとっては欠かせない食材になります。
色々なあんがあり、粒あん派とこしあん派に分かれることもあります。
まんじゅうなどに入っているあんが粒なのかこしなのかでがっかりしたり喜んだりもあります。
どちらも小豆を使っていますが、こしあんは粒が残らないようにこされて作られます。
あんこを使った食べ物としてぜんざいとしるこがあります。
一見どちらも同じような食べ物です。
あんこに汁を足し、その中に餅や白玉などを入れた食べ物です。
実は関東地方と関西地方では呼び名などが異なります。
関西ではこしあんタイプがしるこになり、粒あんタイプがぜんざいと言われています。
関東ではこしあん、粒あんの区別なくどちらも汁があるとしること呼びます。
ぜんざいは汁けがないタイプです。
餅などに粒あんを載せたものになります。
関西では亀山と呼ばれる食べ物になります。
一応関東では関西風のぜんざいを田舎しること呼ぶようです。
お店で注文するときに知っておくと良いでしょう。

Page Top