前へ
次へ

ビタミンC摂取が必要な時といけない時を知る

ビタミンの代表ともいえるのがビタミンCです。
化学名のアスコルピン酸を知っている人は少ないでしょう。
黄色く酸味があるので、レモンをそのまま粉にしたらそのようになるかもしれません。
健康のためにいいことは知っていても具体的にどんな役割をしているのか知らない人もいるでしょう。
血管や筋肉などを作るのに欠かせないとされています。
病気の原因にもなるといわれているのがストレスです。
この時にもビタミンCが活躍してくれます。
ストレスがかかると体にもいろいろなダメージが与えられますが、その時にビタミンCが消費されます。
仕事でストレスがたまったときは、ビタミンC不足になっているかもしれません。
きちんと補給しておきましょう。
一般的にはビタミンCは過剰摂取の問題がないとされます。
しかし、腎障害があるときは別です。
腎シュウ酸結石ができやすくなるためです。
一部の人になるでしょうが、医師などから注意されているなら摂取量を守りましょう。

Page Top